eラーニング教材「医療事故防止の基礎知識」で医療の安全を理解しよう!

ぱしふぃっくま わーい

病院では、患者さんが安全な医療を受けられるよう、日々努力と工夫がされているよ。安全な医療を提供するための基本的な知識は必要不可欠だよ〜!

「医療事故防止の基礎知識(第1部/第2部)」では、医療事故が発生する原因を理解したうえで、予防策や組織的な取り組みについて、学習することができます。

「医療事故防止の基礎知識」の特徴

人間は誰でも間違える。しかし、間違いを防ぐことはできる

人は誰でもミスをすることはあります。しかしその後、原因を知り対策を行うことで再発防止を努めることが大切であり、医療事故においてはとても重要です。さらに、医療事故が発生した場合の適切な対応を心がけることも、忘れてはいけません。

第1部では、医療事故の現状や、安全を指向した医療システムを学ぶことができます。

ほとんどのページでイラストを交えながら解説しています

事故防止策や事例から、なにを備えられるか考える

医薬品や医療機器の扱いによって発生する医療事故もあります。第2部では、安全を重視した総合的な医薬品・医療機器の事故防止策について学ぶことができます。

医薬品や医療機器についてのヒヤリハット事例を取り上げているので、どんな事故が発生したのか、現状を知ることでより理解を深められます。(ヒヤリハット事例 出典元:公益財団法人 日本医療機能評価機構 医療事故情報収集等事業)

ヒヤリハットの事例の一部を紹介しています。医療機関の取り組みを参考にできます

確認テストは全部で55問 学習したことを丁寧に振り返る

各章末に用意されている「確認テスト」は、7〜10問ほどあります。本編で学んだ内容が身についているか、受講者自身が確認しながら学習を進めることができます。

確認テストは「Yes/No」の2択形式です
その場で正誤判定がされ、解説が表示されます。

まとめ:「医療事故防止の基礎知識」の特徴

『医療事故防止の基礎知識』は2021年9月に改訂を行いました。
第1部・第2部には、それぞれ20問ずつの修了テストも用意しています。

医療に携わる方々の研修用教材としてもぴったりなので、よろしければ無料モニターのご利用お待ちしています!

医療事故防止にまつわる、医療従事者としての心構えが学べるよ〜!

「医療事故防止の基礎知識」の詳細を見る