知らなきゃ損!パソコンの便利なショートカット(Mac編)

知らなきゃ損!パソコンの便利なショートカット(Mac編)
ぱしふぃっくま ちゃぷちゃぷ

今回はMacの便利なショートカットを紹介するよ。
ショートカットについては前回の記事を参考にしてね。

覚えておきたいショートカット

共通
ショートカット機能備考
command + S上書き保存
command + A全選択
command + Cコピー
command + V貼り付け
command + shift + option + V書式なし貼り付け
command + X切り取り
command + Z元に戻す
command + shift + Z「元に戻す」のキャンセル
command + tab起動中のアプリ表示、移動
command + N新規ウィンドウを開く、新規ファイルを作成
command + Wウィンドウ/タブを閉じる
command + Qアプリケーションを閉じる
command + Hウィンドウを非表示にする
command + Mウインドウを最小化してDockにしまう
command + option + escアプリケーションの強制終了画面を開く
command + shift + 3全画面のスクリーンショットを撮る
command + shift + 4選択範囲のスクリーンショットを撮る
command + shift + 5スクリーンショットまたは録画
option + command + 電源ボタン
またはoption + command + メディア取り出しキー
スリープ状態にする
esc検索ウィンドウなどのポップアップから抜ける
control + command + Qロック画面にする
control + →/←各デスクトップの移動
Finder
ショートカット機能備考
command + T新規タブを開く
command + Wタブを閉じる
shift + command + N新規フォルダ作成
shift + command + G「フォルダへ移動」画面を開く
command + K「サーバへ接続」画面を開く
returnキーファイルやフォルダの名前変更
command + deleteファイルやフォルダをゴミ箱へ入れる
command + ↑/↓階層を移動・ファイルを開く
shift + ↑/↓複数選択
option + ↑/↓最上部/最下部へ移動
→/←選択したフォルダの開閉
command + @Finderを巡回
command + Iファイル/フォルダの情報を見る
右クリック + option + “フォルダ/ファイル”のパス名をコピー“フォルダ/ファイル”のパス名をコピー
文字入力
ショートカット機能備考
shift + かなキーカタカナに切り替えるJISキーボードの場合
入力後 + 英数キー(2回押し)半角英数字に変更
入力後 + かなキー(2回押し)ひらがなに変更
fn + deleteカーソルの後ろの文字を消去
Z + H「←」の入力かな入力モード時
Z + J「↓」の入力
Z + K「↑」の入力
Z + L「→」の入力
ぱしふぃっくま わーい

ショートカットキーを自分の覚えやすい配置に変えたければ、キーの割り当てで変更すると、より自分に合った効率の良いショートカットができるよ。
「システム環境設定>キーボード>ショートカット」で設定してみよう!

知らなきゃ損!パソコンの便利なショートカット(Windows編)

知らなきゃ損!パソコンの便利なショートカット(Windows編)
ぱしふぃっくま わーい

パソコンには便利なショートカットがたくさんあるよね。
今回は覚えておくと便利なショートカットを紹介するよ。

ショートカットとは

 ショートカットとは、あるパソコンの機能を呼び出せる、特定のキーの組み合わせのことです。
 たとえば、ある文章をコピーしたいときは次の操作を行います。
文章を選択→右クリック→メニューの中の「コピー」をクリック


 次のように操作することでも、同じようにコピーできます。
文章を選択→キーボードの「Ctrl」キーと「C」を同時に押す

 このように、ある機能を呼び出す特定のキーの組み合わせをショートカットと呼びます。

手がキーボードとマウスを行ったり来たりすると、操作に時間がかかるよね。
ショートカットを使えばそれを減らせるから、パソコンの作業がぐっと早くなるよ!

覚えておきたいショートカット

共通
ショートカット機能備考
Ctrl + S上書き保存
Ctrl + A全選択
Ctrl + Cコピー
Ctrl + V貼り付け
Ctrl + Shift + V書式なし貼り付け
Ctrl + X切り取り
Ctrl + Z元に戻す
Ctrl + Yやり直し「元に戻す」のキャンセル
Ctrl + Tabアクティブのタブを切り替えるブラウザなど
Ctrl + N新規ウィンドウを開く、新規ファイルを作成
Ctrl + FまたはF3検索ブラウザやエクスプローラーなど
Ctrl + Alt + Delユーザーの切り替えなどのメニューを表示
Alt + Tabアクティブのアプリ(操作しているアプリ)を切り替える
Alt + F4アクティブのアプリを終了
Shift + 方向キー複数選択エクスプローラー、テキストエディタなど
Esc検索ウィンドウなどのポップアップから抜ける
Win + Lロック画面にする
Win + 1、Win + 2、…タスクバーの左から1番目、2番目、…のアプリを起動
Win + ↓アクティブのアプリを最小化
PrintScreen全画面のスクリーンショットを撮る
Alt + PrintScreenアクティブウィンドウのスクリーンショットを撮る
Win + Shift + S選択範囲のスクリーンショットを撮る
エクスプローラー
ショートカット機能備考
Ctrl + Shift + N新規フォルダ作成
F2選択されたファイルやフォルダの名前変更
Delファイルやフォルダをゴミ箱に入れる
Shift + Delファイルやフォルダの完全削除(ゴミ箱に入らない)
Ctrl + Wウィンドウを閉じる
文字入力
ショートカット機能備考
入力中 + 無変換
または入力中 + F7
全てカタカナに変更半角カナの場合はF8
入力中 + F9全角英数字に変更
入力中 + F10半角英数字に変更
ぱしふぃっくま ちゃぷちゃぷ

ここで紹介したのは特に覚えておくと便利なものだよ。
まだまだたくさんあるから、自分の作業にあったショートカットを探してみよう!

※動作確認はWindows10で行いました。他のバージョンでは動きが異なることがあります。

ネットワーク社会を生きるための知識を身につけよう!eラーニング教材「INFOSS情報倫理」

今回は、日本データパシフィックで取り扱っているeラーニング教材のなかで、最も利用者の多い「INFOSS情報倫理」についてご紹介します。

ぱしふぃっくま 首傾げ

なんと利用している学校数は74校
(2021年5月現在)

たくさんの学生さんが利用しているんだね〜
こんなに採用される理由はなんだろう?

INFOSS情報倫理が多くの学校で採用される理由

毎年教材内容が更新される

INFOSS情報倫理は、毎年春に新しいバージョンをリリースしています。基礎知識などのベースはそのままに見直しを行い、取り上げている法令も改訂に応じて更新しています。
例えば2021年度版では以下のようなトピックを追加しました。

  • 遠隔授業を受講するうえでの注意点について
  • コロナウイルス関連の詐欺について
  • マルウエア「EMOTET」について
  • 著作権法改正について
  • など

また、48本もの新聞記事(2021年度版)を教材内で紹介していますが、毎年10本前後入れ替えを行なっています。

eラーニングコンテンツだからこそ保てる新鮮さだね〜

問題数が豊富なテスト

INFOSS情報倫理は、教科書にあたるテキストと、理解度を確認するための修了テストで構成されています。

問題数問題形式成績
チェックテストテキストの各章の終わりに5問ずつ○×問題保存されない
修了テスト20問x5セットの計100問4択問題LMSに保存される

修了テストは1つのセット(20問)のなかに全ての章に関する問題が含まれているため、5セットが多すぎる場合には2セットだけ使う、というような調整も自由に行うことができます。

また、修了テストはそれぞれの学校でご利用のLMSのテスト形式で納品しているため、学校側で以下のような設定を容易に行うことができます。

  • 合格点の設定
  • 配点の変更
  • 制限時間の設定
  • 選択肢のランダム出題
  • ※LMSによっては機能がない場合もあります。

学校の利用スタイルに合わせて設定できるのは便利だね!

複数言語に対応

INFOSS情報倫理は日本語版の他に、英語版、中国語版、振り仮名版、速習版という4つのバージョンをご用意しています。

特徴学習時間の目安追加費用
英語版テキストから修了テストまで、すべてが英語表記4〜5時間110,000円(税込)
中国語版テキストから修了テストまで、すべてが中国語表記4〜5時間110,000円(税込)
振り仮名版テキストから修了テストまで、すべての漢字に振り仮名4〜5時間なし(無償)
※通常版の契約が必要です。
速習版要点のみをまとめた、1時間程度で学習を完了できるバージョン1時間なし(無償)
※通常版の契約が必要です。

留学生が多く在籍されている学校では英語版と中国語版はもちろんのこと、日本語学習者にとっては振り仮名版もありがたいとのご意見をいただいています。

通常版を契約される場合、振り仮名版と速習版は追加費用がかからないので、ぜひ一回お試しください〜

様々な活用方法

eラーニング教材といえば自習で利用されることが多いですが、INFOSS情報倫理はそれ以外にも、授業での利用や入学前、初年次教育でもご活用いただいています。

高校で学んだことの学び直しとして、入学前教育の一環として導入される学校や、修了テストで一定の点数を取得しないと学内のネットワーク利用が制限されるなど、受講を義務付けている学校もあります。

入学前教育や初年次教育でeラーニングを使いたいが、どのように始めたらいいかわからない、というような場合でも、お気軽にご相談ください。

ぱしふぃっくま わーい

ご相談お待ちしてます!

お問い合わせはこちらから

「INFOSS情報倫理 2021年度版」の詳細を見る

*INFOSS は、日本データパシフィック社の登録商標です。